Blur

作詞・作曲 / 永井 風思

編曲 / mi mi re

秋めく日々 夜の缶コーヒー

季節をめくって 丸めたいつかの日々

優しく鳴く ドアの音で

瞼を開いた いつもの17:00

「もう行かなきゃ」

「おやすみ、じゃあね」

そんないつもの日々

温めてねって 残った付箋紙は

曲がってしまった

君がまだ君でいた

呆れた顔して そんな思い出は

もう捨てていいんだよ

そう誰かが言った

君の寝息と 僕の吐息を

交換するだけの いつも通り

いつの間にか 掛かっている毛布に

いつの間にか 虚しくなった

ただ接いで折る日々

ただ生活を覚えて なぞってしまうから

君がいた日々に縋ってる

当たり前についていた優しさは

季節が巡って もう僕は剥がせない

 

秋めく日々