遊星から愛を込めて

作詞・作曲 / 美遊

編曲 / mi mi re

遊星から星を眺めて

あの光を求めて散った

私 本当に好きだった

あの場所と同じ時を求めてる

ゲロみたいな色したものを横目に見て

はけない煙とヘイトを吐いて

こんなこと どうでもいいこと

伝えるためにあなたは バンドを続けているんだね

どうでもいいけどさ

ねえ

間接的にどうやって

傷つけることができるんだろう

なんていうのはただ

無駄でしかなかっただけ

遊星から光を求めて

変わらないでずっと憧れた

追いつけなくたってよかった

離れたくないと今更気づいた

スポットライトの光は

私には眩しすぎるから

やっぱり背中で受けたいですと

笑う顔が美しかった

 

間違っていこうって言ってたから

このままでいたいと思ったし

​泣くなよって歌ってたから

泣いていいんだと思った

毎回たった10分程度の会話だけで

何でも分かった気がしたし

何にでもなれる気がしていた

本当はさ 気持ちを汲み取って

分かってくれよと黙って傷つけた

私が大人であなたが子どもだった

悪い意味だよ

アンダーグラウンドからいつも

夕暮れなあの街まで

抜け出せたとしたのならば

 

きっと変われたんだろうな

遊星から光を求めて

海の向こうに落ちていった時に

何もないのだと分かったんです

遊星から星を眺めて

あの光を求めて散った

私 本当に好きだったんだよ

きっと それも終わりだ

遊星から星を眺めて

あの光を求めて散った

​私 本当に好きだったんだよ

もう戻れないんだね

mi mi re

Official Website

MENU

ーSiteMap

●外部リンク

> INFORMATION

> NEWS & TOPICS

> Spotify

mimire official website

Copyright © 2019-2020 mi mi re All Rights Reserved.